【構造・規模】
木造軸組工法 亜鉛メッキ鋼板屋根 3階建て
<敷地面積>約12坪 <延べ床面積>20坪
(財)住宅保証機構の性能保証住宅に登録

【敷地形状】
決して広くはないですが、南向きで裏側も畑になっており前後ともに開放感ある敷地です。もともと池の多かった土地なので、若干軟弱地盤。敷地全体にまんべんなく5mの杭を計16本埋め込み、地盤を補強しています。(地盤10年保証)

京都市伏見区分譲住宅(2)-1

≪1F≫
2F・3Fを生活のメイン空間とするために、1Fにあえて部屋を設けず、トイレ・バス・洗面、そして収納を広めに取っています。風呂は冷暖房・乾燥機能付きのシステムバス、洗面化粧台もW750の三面鏡タイプを設置しました。

京都市伏見区分譲住宅(2)-2

≪2F≫
2Fは間仕切ることなく、カウンターを設けてまるごとLDKにしています。キッチンは『IHヒーター』『食洗機』付きのシステムキッチン(W:2550)を設置して1Fの風呂予約もここでできるようにしています。

京都市伏見区分譲住宅(2)-3

≪3F≫
3Fは洋室2部屋。階段部を吹き抜けにして採光できるようにしています。各部屋に広めのクローゼット、そしてエアコン・24h吸排気機器を設置しました。

京都市伏見区分譲住宅(2)-4

≪外観≫
表面は『手作り感』や『暖かみ』が出るよう、コテ塗りで仕上げ、1F部分も窯業系サイディングを使用してサッシの金属色が全面に出ないようにしています。裏側はシンプルな印象にして、クーラーの配管や室外機が露出しないよう工夫しています。

京都市伏見区分譲住宅(2)-5