<所在地>京都市伏見区
<リフォーム総額>85.8万円

<工事内容>
◆既存ユニットバス撤去・処分 ◆水道ガス設備工事 ◆洗面台ユニットバス本体取付 ◆壁面・入口枠取付工事 ◆浴室乾燥機用配線・ダクト移設工事

【BEFORE】

inax-yokusitu-before

【AFTER】

inax-yokusitu-after

<リフォームのポイント>
洗面室と浴室が一つになっているめずらしいユニットです。現状の1115サイズをもっと広くしたいというご要望で、従来の1216よりも5cm広くなるワイドタイプの1216サイズを採用しました。洗濯機の排水が、浴室の排水と合流させたこれまた珍しいものとなっていましたので、洗濯パンを設けて嵩上げをしています。

今回採用いただいたのはINAXの『リノビオ』。浴槽排水を利用してうずを発生させ簡単にゴミがとれる「くるりんポイ」排水口や、冬場でも足裏がヒヤっとしない「サーモフロア」、6時間たっても浴槽温度が2℃しか下がらない「サーモバス」、浴室乾燥暖房機など充実した設備となっています。洗面化粧台もINAX『オフト』600mmをお選び頂き、浴室パネルと洗面扉の色調を合せて、シックな印象になっています。サーモバスについては「本当に温度が下がらないのだろうか?」と疑問をお持ちでしたが、実際ご利用になって実感して頂けたとのことでした。